Monthly Archives: 6月 2017

フィットネスジムをめぐって思った場所

この間、少し用事があってフィットネスジムをめぐってきました。お家から遠いクラブなのでそこに通って運動しているのではないのですが、クラブはもちろんいいですね。何か自分の健康のためにしようとして要る人たちが集まっているので、その場におけるだけで前向きな思考が伝染するというか。
小学校のあたりスイミングを習っていたのですが、スイミングレクチャーで習った結果最良暮らしの役に立っているのは泳ぎ方ではなくて、アクションお決まりやアクションっておかしいという気持ちの皆さんです。運動するのがおかしいとか体躯を鍛えたいとか想うその心構えのようなものが育ったのが、今一つ番自分の暮らしに役立って掛かるような気がします。スイミングレクチャーに通ってなかったら、アクション嫌いになっていたかもしれません。スイミングレクチャーの教員たちという通わせてくれた奥さんにサンキューね。
今冬視線ナンバーワンのドラマA LIFE愛しきユーザーを見ました。全然面白かっただ。いよいよ木村拓哉のドラマは興味深いだ。特に木村拓哉が好きなわけではありませんが、この人の参加ははなはだ上手と思います。その役になり羽織るということが徹底しておるなと感じることが多く本日もリアルに医者のように見えてしまいました。医療ドラマは極めて面白い品物が多く山下智久主演の印ブルーなんかもびいきでした。医療ドラマって様々な人間の由縁を語られることが多く情けというか助けてほしいといった思わせていただける見ていて応援したく陥るような進め方にできることがあります。今回のドラマもそういう進め方にさせてもらいました。

業界理不尽な事ばっかりです

国々において今回は考えてみました。
なぜ政治わが家は裏金を作って権力の温床を吐出し、貧乏人はお金がほしいのにお金が回らないのか?
貧乏人は抽選を買っても結構当たりません。
それに対して政治わが家や一部の経団連の連中は1億なんて大衆で言う100円くらいにしか思っていないでしょう。
明らかに金銭感触が異なりていらっしゃる。
そうでなければ公職選挙法など条例に犯罪やる活動はしないはずです。
どうしても今の世の中は『必要な個人』にお金が欠けるのが一番メチャメチャなのです。
お金がないから技量を開花できない個人において機会を受け取れる世の中にしていかなければ国中は事情に色んな方面で抜かれます。
人間の体のやり方が色合い図表で紹介されている正式を書斎で借りてきました。今はこんなにも分かりやすく体の構造を教えてくれる正式があるんですね。素晴らしいだ。
骨のやり方は見ていて面白いですね。転んですところ骨折する場として、太もも骨大転子供部というのをよく聞くのですが、正式で見てよーく分かりました。腰のあたりで作用に出っ張っている要素なんですね。隣むきに転んです実例、確かにここは折れやすそうです。こんな風に、外から見たり触ったりもらえる骨と、正式の中の骨の絵図が一致してくると興味深いし忘れないですね。トリビアとしても興味深いし役にものぼりそうだし、宜しい正式を借りました。

長女がぐいっと重くなりました。

先日生後9か月の乳児を抱っこすると、ぐいっと重くなったように感じます。パパもそれを感じているそうで、「抱っこ紐でたくさんあるくのが苦しくなってきた」と言っています。なので、出陣はこのところ、バギーばかりになっている。
どれだけ体重が増えたのか気になり、先日子供館で測ってみました。だが、ウェイトはちっとも増えていませんでした。「こんなにも重み感じが増したのに、なぜだろう」という異常でした。
こういう疑問を奥さんに尋ねてみたところ、ハイハイするようになって脂肪が筋肉に変わったからではないか、と言われました。おんなじ重みも脂肪よりも筋肉の方がずっしりとやる気がします。確かに乳児は思い切り働くので、たぶんその所為なのでしょう。
目下よく見る念願があります。
それは、往時片想いを通じていた輩が出てきて、吐露をしようとしておる念願。
そうして告白する直前に夢から覚めてしまう。
なぜそんな夢を見るのだろう?
今はいよいよとっても想ってない輩なのに…
今まで好きになった人の概ねには思惑を告げてきたあたい。
大丈夫をもらえれば付き合うことになる。そうしてこれから別れて終える。
フラれれば諦めて終わる。
では、思惑を話しられなかったロマンスは?
どうして成し遂げるんだろう?
それほど、念願に浮き出る恋人には思惑を報じられなかったんです。
念願って、物覚えの整理っていいますよね。
恋人への思惑は既に無いけど、
私の脳の中では依然として終わっていないのかな?
…なんて、
まだまだ考えてみた今朝のあたいでした。

バレンタインの準備

最近の「マツコの知らない実情」では楠田枝里子君を皆さんに迎え、チョコレートを特集していました。チョコ好きな私としては必見のプランでした。どれもこれもおいしそうで、口の中で悠々溶かしながら味わいたい代物ばっかりでした。楠田君が「あえてパリにまでいく甲斐がある」とまで言ったチョコレートお菓子のオペラが一番食べてみたいなと思いました。
プログラムを見ていたエリア、近々バレンタインが立ち寄ることに気が付きました。例年男にはデパ地中で選んだチョコレートを渡してある。贈与しつつも、私も少しおすそ分けしてもらいます。今年もスーパーをめぐって選ぶのが楽しみです。
私の趣味は手芸なのですが、手芸機具があまりにもたくさんあるため取りまとめしようと思いました。手芸機具を入れて掛かるところから、出してきて一律手芸機具を階に並べていきました。そこからよく使っている手芸機具といったさほど使っていない手芸機具を分けていきました。よく使っているものは丸々保管しましたが、からきし使っていなものをどうしようかと考えました。ただただ捨てることができればよかったのでしょうが、捨てるのは勿体なく感じました。身はその手芸機具を通じて完成させてそばに配ることにしました。今は手芸機具を出来ばえにするために、一所懸命手芸をしています。いると思って多彩手芸機具を買っていましたが、次からは考えて購入していこうと思います。