Monthly Archives: 3月 2017

最近のマイ人気

今どき、俺は滅法はまって要ることがあります。それは「将棋」だ。将棋ってなんだか難しそうな模様があり、食わず嫌いならぬ止める嫌いだったのですが、周りに誘われて教えてもらいやってみたところ、おもしろいのなんの。最初のうちは、方法もほとんどわからず勝てなかったのですが、方法を調べて使ってみたり始めるうちに段々と稼げるようになり、再び将棋がおもしろくなっていきました。ゆくゆく、周りがいないときも将棋がしたくなり、今では将棋アプリケーションをつかって日毎将棋づくしになっています。恐らく、将棋のほかにもやってみたら仮定といったちがっておもしろい、なんてことがたくさんあるんだろうなって思います。
今まで常に、野菜は生のものを買って使った方が良いという
先入観のようなものがあったのですが、
最近、忙しく野菜の下処理をするお忙しいお天道様があり、
いよいよ思い切って超絶の冷凍野菜末端に向かいました。
ホウレン草にブロッコリー、里芋、枝豆など
自分で下処理するといった手間のかかるものがずらりと並んでいて、
わたしはブロッコリーという里芋を購入しました。
帰郷次ブロッコリーは解凍してそのままマヨネーズで、
里芋は煮つけに使ったのですが、とも自分で下処理して
作った賜物といったほとんど味覚が変わらなくてびっくりしました。
しかも余っても冷凍で日持ちするので、ほんとに便利です。
これからも時どき食事に取り入れてみようかなと、
素直に思えた毎日でした。

自宅で麻婆豆腐をつくってみた

本格的に始める第三者にとりまして豆腐はもちろん、麻婆のトロミも押しなべて手作りだ。
けれどもほとんどの初心者はマルミヤの麻婆豆腐のもとを買って調理すると思います。
僕はプロのミール第三者ではないので麻婆豆腐のもとでいつも調理してある。
最小限、豆腐といったネギがあれば十分だが、僕はそれでは物足りないのでひき肉を買って足してある。
ひき肉たっぷりの麻婆豆腐こそ食い応えがあるではありませんか。
ひき肉は別のフライパンで炒め、あとで合流させます。
肉汁がふんだんに入った麻婆豆腐は絶品です。
もちろん、食べたらおいしかっただ。
今度はネギのほかに何か野菜を入れようかと考えています。
過日近くって名古屋で遊んだ帰りに100均をめぐって、アイフォンケースを買う事にしました。独自はまだまだアイフォンを買ったばっかりなので事例を買っていませんでした。ちゃんとしたケースはいつか他の面で探そうと思っていたのですけど、そのちゃんとした事例を見つけようとする気分になるのが、2か月会社か低い時折通年会社か思い付かので、その日まできちんと保護していただける事例を貰うためにきました。独自はタブレットのコントラストが気に入っていたので、なるべく透明のケースが欲しいと思っていました。そうして強靭群れから取り外しの簡単なソフトウェア群れのケースの方が良いとして探していたらあったので良かったです。

ルーズリーフの覚え書き

座敷を掃除していたら、大学生の頃に使用していたルーズリーフの入った鞄が出てきました。特質は半数ほど減っていました。思い出深い気持ちになってはじめ枚抜き出し、適当に落書きをしてからゴミ箱に捨てました。
思い出してみれば、学生時代もメモ用紙を取り去る代わりに落書きを良くしていました。大人になっても、やることはかわらないのだと気付き、気づくと共々おかしくなりました。
自身はルーズリーフを全般鞄から出すと、思い切って四つに査定し、メモにしました。この方が有効に活用できるはずです。元はルーズリーフのメモは、便宜上テレホンの近所に置いてあります。
以前はくずを包んだり、窓を拭くのにしか使っていなかった新聞紙を、よむようになりました。
家でとっている新聞紙を、身寄りが読み終わった内を見計らって、客間にとって行きます。
新聞紙をよむようになって思ったのですが、
最初刊が後20円ぐらい高くてもよいから、より白いペーパーを通じてくれないでしょうか。
灰色のペーパーにちっちゃなキーワードでは、目がわずか疲れてしまいます。
今までは特ダネをラジオで訊くだけでした。
新聞紙で読んでみると書き込みは、脳にぐっすり浸み込むものだと思いました。
べつに暗記こなせるわけではありませんが、ラジオで聞き流しているよりも、
新聞紙を読んだほうが、「特ダネを得た!」という実感があります。

最近は肉を食べていない

私のおとうさんが生きてた頃は、それほど焼肉屋氏に連れていってくれたことがありました。
おとうさんは、「なんでも遠慮しないで食べなよ」といってくれていましたので、潤沢
焼肉を食べて帰宅して、幸せな心情を味わっていました。
それは、あたいが結婚してからも続いていましたし、子どもが焼肉をおいしみたいに食するのを
おとうさんはうれしみたいに見ていました。
そのことは、おとうさんが亡くなっても良い手帳として心に残っています。
も、40費用後述になってから、夫が店頭を辞めてしまったのです。
それ以来、夕ごはんは切り捨ていますので、きちんと肉を食べていません。
ボクは小児の頃から、1人で遊ぶことが好きな小児でした。
特に、うちのなかで猫ってフィギュアと共に遊ぶのがびいきでした。
人見知りでしたので、まるで友人といった呼び込める人類もいませんでした。
フィギュアをいくつかもっていましたが、両親がトラブルばっかりやるうちでしたが
フィギュアが自分を癒してくれていたような意思がしました。
50料金になってから、ネットでブライスドールというフィギュアを買って遊ぶことが好きになりました。
着せ替えをザクザクネットで買ってしまって、金額をかなり使ってしまっています。
も、寝る前にそのブライスドールと会話するといった癒されて寝ることができます。

おみやげにございません

我が家の柔軟剤は、これ半年おんなじものを愛用してある。けれども過日、某ドラッグストアに買いに行ったら絶えず訴えるものが品切れで、ふとセールを通していた他の柔軟剤を買って見ることにしたんです。そうしたらこれがひどく宜しい!フレグランスももちろんですが、洗濯存在が大層柔らかく生まれるんです。家庭の評価も上々で、赤ん坊も「こういうフレグランス好き!これからずっとこちらとして!」と効く出すほど。困った、いかんせん…。はあくまで代装備として適当に安さで選んで買ったのでどの製造元の何のフレグランスか至極わからないんです。詰め替え専門を買ったので、袋はもう捨ててしまったし…。頑張って思い起こすんだ!わたし!(それでもだいたい厄介)